健太のワイキキだよ、おっかさん!Part II

ワイキキのホテルマンによる、ハワイ情報!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハワイから癒しのメロデイー

 今日は健太のCDプロジェクトのオーデイション。
長年の作曲活動もこの辺で何とか片をつけないと、とんまがうるさい。
いや、うるさいのは健太のほう。ガチャガチャと「売れもしない曲」を作ってはお蔵入り。家の中でこれをしょっちゅうやってるから、この辺で白黒つけないと、とんまから三行半なんて事になりかねない(笑)!
ただ今が時期的には一番良い。つまり健太の音楽には癒し系のメロデイーが多い。やるならそうした系が脚光を浴びている今しかないかも知れない。
はじめは健太自身が歌ってたけど、余り下手なので方針転換(笑)。今3人の候補がいて、今日はその一人「レモンちゃん」のオーデイション。残りの2人も歌唱力抜群だけど、レモンちゃんのソフトな伸びのある声は健太の曲にマッチしているような気がする。
発売されたら皆一枚買ってね(笑)!

 写真はにこやかにマイクの前に立つ「レモンちゃん」。

Lemon2.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/02/28(月) 15:46:34|
  2. ホノルル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ホノルル、映画の後の食事

 ムービーマンは高校生の頃にもうハワイに来ていた。通った高校はなんと裏オアフの「カフク・ハイスクール」。とても珍しい。
なぜならば彼の時代、日本から来た高校生は殆どサウス・キングストリートにある「マッキンレー・ハイスクール」に通っていたからさ。
 しかし彼に言わせると、それが良かったそうだ。つまり、まるっきり日本人のいないところで教育を受けたので、英語も早く上達したし、ロコ達の生活にすんなりと入っていけたからだと言う。

 そんな訳で彼の食べ物の好みは完全にローカル。だから彼のお気に入りのレストランは、「Like Like Restaurant」なのさ。
以前にも書いたけど、ここ「Like Like Restaurant」は何時言っても混雑しているし、最近では日本の観光客までがここに「ロコモコ」を食べに来る。益々大繁盛さ!
 ここの表のネオンを見てくれ。まさに「歴史を感じるハワイのレストラン」って感じがにじみ出てるよね!

 Part I を読む、、、 

20050227132838.jpg

  1. 2005/02/27(日) 17:44:59|
  2. ホノルル|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7

ラデイソン・ワイキキ・プリンス・クヒオ

 クヒオ通りのホテルを今日は紹介しよう。
「ラデイソン・ワイキキ・プリンスクヒオ」
1980年、ワイキキに高層ホテルがたて続けにオープン、
中でもこの「プリンスクヒオ・ホテル」はハワイ王朝のプリンスの名を冠し、当時数少ない4星ホテルとしてオープン、脚光を浴びた。
2500クヒオ通り。37階建て、620室。

 去年の暮れに改装工事を終えたばかり。ロビーエリアは更にグレードアップされ、優雅なハワイアン・リゾートを演出している。
ラデイソン・ホテルスは世界各国にそのチェーンを展開するファーストクラス・ホテル。日本では「都ホテル」がこのラデイソン系列。米本土では、マリオット、ヒルトン、ハイヤットなどと並ぶ有名ホテル・チェーン。
オーシャンビューの素晴らしさはもとより、ここのマウテインビューからは、ワイキキでも1,2を争う景観が望める。またここの34階以上のクヒオクラブは数少ないワイキキの「クラブフロア」として有名。

Part Iを読む、、、、
 
20050226101859.jpg

  1. 2005/02/26(土) 14:19:45|
  2. ワイキキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワイキキ、またかよ!

 これほど沢山ワイキキの写真を撮ると、メインのところは既に撮り終えちゃった。
だからこれからの目標は、「ハワイらしい景色」「ワイキキらしい景色」ってところで攻めてみる。
ふとしたワイキキの街角の花一輪。素敵な通りすがりのカップルたち。微笑ましい年配者たちの姿。それらをワイキキに絡めれば被写体は無限にある。
また同じような景色でも、そこにあるものや、人物が変わればまるで違った景色が見えてくる。

 なーんて、実はご存知の通り、健太は大の「ダイアモンドヘッド・フリーク」。
何とかかんとか言い訳して、毎回ダイアモンドヘッドを撮っていたいのさ。
てな分けで今日もダイアモンドヘッド君の登場!
見てくれこの勇姿。世界で一番素晴らしい景色さ(笑)!
カタマラン・ヨットも帆を上げてるところが欲しかったんだけどなー、、、、。

 今日はご覧のように素晴らしいハワイ晴れでした!

 あっちも見てみよう!

Kepoikai.jpg

  1. 2005/02/25(金) 14:17:26|
  2. ハワイの景色|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ロイヤルハワアンのウクレレ女性

ロイヤルハワイアンホテルの中をタリンを探しながら歩いていると、年配のハワイアンの女性がウクレレを抱えながら、健太と目が合ってにっこり、「ハーイ!」
知らない女性だけど、これがアロハ精神さ。
健太もにこやかに「ハーイ!」
彼女のそばには、可愛い女の子が頭に白い花を一輪付けて、にっこり健太を見て笑った。
二人のアロハ精神に触れて心が豊かになった健太、彼女たちに話しかけた。
何かを待っているような感じなので聞いてみると、さっきのビーチでやっていたパーテイーに出演し終わって、彼女たちのボスが連れて帰ってくれるのを待ってると言う。
ウクレレを持ってるのが「パジ」、もう一人が「カハナ」。
しかし「パジ」が頭の右側に花をつけて、「カハナ」が左側に花をつけてる、、、。「パジ」が独身で「カハナ」が既婚???
まいっか!
とにかく日本のブログに載せるって言ったら二人とも大喜びしてた(笑)。

健太はこうして、このハワイで知らない人達の温かい心に触れて生きている。こんな幸せな事はない。何か辛いことが有っても「アロハ精神があるじゃないか、あの笑顔があるじゃないか!」
ある時、それと同じようなことを他人に言ったら笑われた。「健太、お前は青いね!」だって。
青くて結構。この年になって「青くいられる」なんて貴重なことだよ!!

 Part I を読む 、、、

Kahana.jpg

  1. 2005/02/24(木) 13:49:16|
  2. ワイキキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ホノルル・フェステイバル

 J 社のオフィス訪問。
いよいよ3月11日から「ホノルル・フェステイバル」が始まる。毎年3月にはJ社が全力を挙げてこのイベントを盛り上げる。
そして、毎年違ったテーマを決めてそれにあわせた色々なイベントが開かれる。
今年のテーマは「ジョン・万次郎」。

 1841年土佐の中の浜から漁に出た万次郎たちは、折からの暴風雨に襲われ鳥島へ漂流、アメリカの捕鯨船に助けられる。捕鯨船のウイットフィールド船長は万次郎をわが子のように可愛がり、アメリカの学校に彼を通わせた。
万次郎はアメリカの地で英語の教育を受けた、最初の日本人だったのさ。
高校を卒業後、万次郎は金山の発掘をしたり、捕鯨船で活躍するが、母親恋しさに1852年日本へ帰国する。

 日本帰国後、幕府は彼を敵国のスパイとして捕らえるが、折からの黒船の襲来で、幕府も彼の語学力を認め、通訳として起用されることになる。
今回の「ホノルル・フェステイバル」では、そうした彼をドキュメンタリー風に追った映画が製作され、イベントのメインの一つとして上映されるそうだ。

日本とハワイの歴史に興味のある人には必見!
健太には絶対見逃せない。

Part I に続く、、、、

20050223095639.jpg

  1. 2005/02/23(水) 13:59:32|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

ハワイ・オプショナルツアー

 
 オプショナルツアーをやっている友達から朝早く電話が入った。
「ちょっと大きな買い物をするんだけど、付き合ってくるか?」
今日は休日。次の日が休みだと思うと何時も前夜に夜更かししちゃう。でもしょうがない何やらどうしても来て欲しいらしいので、寝ぼけ眼でそいつに付き合うことになった。

 最近彼は、小さなオプショナルツアーの会社を設立。営業成績もそこそこらしい。
健太をピックアップしてくれた彼の愛車白いキャデラックは、一路空港へ向かう。
「いや実は飛行機を一機買うかもしれないのさ!」彼は興奮気味に言った。
話しによると最近他島への航空運賃が高騰して、安い他島ツアーが手に入らない。それならいっその事「自社機」を一機買ってそいつでツアーを作りたい、ってんだね。
フウフム、それが出来りゃそら良いいけどね、、、「飛行機ってばっか高いんだろ?」
健太の問いに、自慢げに彼は言った
「それがさ、とびっきり安く手に入りそうなんだ!」

 そうしているうちに彼のドライブする2004年型キャデラックは、ラグーンドライブを抜けてホノルル空港のはずれに来た。
「ここだ!」
止めた車のフェンスの前に2機の飛行機があった。
「こ、これかよ!」健太は思わず叫んだ!
「ウン、これさ。見掛けは悪いからペイントをして、内装も綺麗にする。細かい修理は必要だけど、エンジンは全く問題なそうだ!」

 そうつぶやく彼の目は、何かに憑かれたようにうつろに光っている。
「やめろ、やめるんだ!」健太は思いっきり彼の服を引っ張った!

 写真は危やうく彼が買いそうになった飛行機。
あー、こわいこわい!!


20050222114721.jpg

  1. 2005/02/22(火) 16:22:19|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ワイキキの裏から

 ワイキキも角度を変えてみてみるとまた違った姿が見えてくる。
これはラデイソン・ワイキキPKから西にカメラを向けて撮ったもの。写ったのは、、、、ぱっぱりツイン・タワーのハイヤットが目立つね。その手前下にグリーンのラインが見えるけど、あれが「ワイリゾ事、ワイキキ・リゾート・ホテル」大韓航空が所有している。
最近健太は何時もあの辺りを行ったり来たりしている。もしかしたら「ヨン様」に会えるかもしれないからね(笑)!だって来るとしたらお忍びだろ、「ばったり」なんて事があるかもしれない!別にファンでもなんでもないけど、話の種にさ。写真を撮って健太のブログに出てもらいます(笑)!
右手前に見える長方形のビルが「パシフィック・モナーク」。最近このホテルの1階に日本の「ホスト・クラブ」が開業したと聞く。

 ハイヤットの右奥が「プリンセス・カイオラニ」。ジャルのクルーが泊まっているところ。
そのずーっと向こうこうに見える山の辺りが、カポレイ、コオリナ地区。

20050221125324.jpg

  1. 2005/02/21(月) 18:05:45|
  2. ワイキキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ハワイの空はコバルト・ブルー

 今日は健太のホテルに日本人グループが入ったので、土曜日だけど出勤。夕べはライブがあったので、夜中までおきてたから眠いのなんの、、、。あくびしながら添乗員に挨拶するのも具合悪いので、ルワースにあるスタバでコーヒーをいっぱい。店を出るとワイキキの空がすっごくいい色。コバルト・ブルーなのさ!思わずカメラを構えた健太、パシャりと一発!
出来上がった写真は、うーむ、残念ながら実際に見たような色には写ってないなー。と言うよりこんなに単に濃い空じゃなかった。って言うか、濃いことは濃いけど透明度が違う!
何時も思うのは、健太のカメラは実際の空より深みに欠けてる。単に濃い色の空にしか見えない。
あー、あのコバルト色の空、皆に見てもらいたいなー。皆ハワイにおいで(笑)!

 写真はルワースの海側から、ビトンを見たところ。

健太Part I 見てくれる?


20050220083831.jpg

  1. 2005/02/20(日) 12:54:16|
  2. ハワイの景色|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

ワイキキのハンバーガー

 1970年代後半、鳴り物入りでハンバーガー店バーガーキングはハワイ入りした。
ハワイではマック、ジャック・インザボックスに次ぐ第3のメージャーハンバーガー・フランチャイズ。
マックのビッグマック、ジャック・インザボックスのジャンボジャックに対抗するこのバーガーキングの「ワッパー」は当時ハワイで爆発的人気を呼び次々に店舗がオープン、他の2社の存在をを脅かした。
あれから30年弱、ハワイのハンバーガー業界も大きく変わって、現在バーガーキングの人気はマック、ジャック、インザボックスに大きく遅れを取っている。
「ワッパー」、でっかくて旨いけどな~(笑)!

 写真はバーガーキングのある「キングス・ビレッジ」。
 
 PartIを読む


20050219094834.jpg

  1. 2005/02/19(土) 13:51:32|
  2. ワイキキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワイキキ癒しの風景

 今まで何度もこれに似た景色をアップしたかもしれない。しかし今日は、余りにも綺麗に写真が取れたので、ぜひ皆に見てもらいたかった。
下に見えるのは言わずと知れたアラワイ・ゴルフコース。

 奥に見える山はコオラウ山脈。緑と街並みそして青い空。
じっとこの景色を見つめていると、爽やかなメロデイーが聞こえてて来る、、、、。
スラックギターのゆるやかなバックに、甘いかすれたようなロコボーイの歌声。そっと目をとじると、まるで幸が身をつつんでくれているかように、ほのかなぬくもりを感じる。

 何もしなくて良い、ただじっと目をつぶるだけで。
 時はゆったりとながれてゆく。
 
 
20050218100429.jpg

  1. 2005/02/18(金) 14:34:12|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

ワイキキのマック

 今日は一段とワイキキを歩く人達の数が多い。
空はもちろんハワイ晴れ。ダイアモンドヘッドからアラモアナの方まで、いや、エバ・ビーチに至るまで全部晴れ。あー気持ちが良い!

 さーて何をランチに食べようか、、、。
ワイキキ・ビーチタワーの角にある「マック」がおいでおいでと健太を呼んでいる。
ご存知のようにハンバーガーは「ジャック・インザ・ボックス」の大ファンの健太。でもたまには「マック」も良いじゃん!
てなわけで早速店内に。
今日の客種はアメリカ人・日本人の比率が半分ずつだね。
えーと、でも健太は日本人だけドアメリカ人。一体どっちに入れようか、、、、。なんて馬鹿なことを考えながら、ビッグ・マックに食らいつく。
「うめー」朝何も食べなかったのですきっ腹にじっくりしみこんだで、舌の細胞が一つ一つその旨さを拾ってくれる。たまんねーなー、この景色この味。

 マックのサインの向うにはパック・ビーチが見える。

20050217111023.jpg

  1. 2005/02/17(木) 12:32:02|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ワイキキ、クヒオ通りのホテル

 高級ホテルばかり案内しても、バジェット旅行者が多い昨今なのでそっぽを向かれないように、今日はクヒオ通り、丁度ハイヤットの山側に位置する「コンチネンタル・サーフ・ホテル」を紹介しよう。

 コンドタイプだから、キッチネット付きのスタジオルーム。日本で言う、いわゆるワンルームマンションみたいな感じ。
小さな流し台と電気コンロが用意されてるので、簡単な料理くらい出来る。もちろん冷蔵庫や食器類も置いてある。ま、長期滞在の若者向きと言えるかな。

 目的によっては料金も安いので利用価値は高い。
ビーチまで徒歩2、3分。室内のカラーはソフトタッチなパステル・トーンで統一されているので、居心地が良い。

 最近このホテルの日本人占有率が高くなったと聞く。てことは日本の景気、まだまだ回復してないんだろうね。

20050216095433.jpg

  1. 2005/02/16(水) 13:55:52|
  2. ワイキキ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワイキキのホテル、ハイヤット・リージェンシー

 1974年、ビルトモアホテルは大音響とともに崩れ去った。ビル解体業者による爆発によるものだ。
ここに新しいホテル、40階建て8角形ツインタワー1250室、「ハイヤットリージェンシー・ワイキキ」が建つことになっている。

 1970年代後半はワイキキの高層ホテル建設ブームだった。
ハワイアンリージェントのクヒ・タワー、パシフィックビーチ・ホテルのオーシャナリウムタワー、そしてクヒオ通りのプリンス・クヒオ。何れも40階近い高層ホテル。それはまるで日本の高度成長期に合わせるように、計画実行された。

 あれから30年、その「ハイヤットリージェンシー・ワイキキ」の雄姿はワイキキに今なお誇らしげに聳え立つ。
高級感溢れる一階、吹き抜けのあるショッピング・エリア。そしてカラカウア通りに面してブランドショップが立ち並ぶ。
またエバ・タワー、ダイアモンドヘッド・タワーのツインタワー中央に流れ落ちる滝は、常夏のワイキキに絶好の清涼感をもたらして、人々に安らぎを与えてくれる。
長年の念願の改修工事も今年始まったばかり。更なるグレード・アップを狙った青写真には「ハイヤットリージェンシー」の面目を掛けた取り組みがかいま見られる。ホテルのカテゴリーはデラックス・ホテル。
現在のオーナーは日本の「麻布自動車」。しかしこれが、人手に渡るのも時間の問題と聞く。

20050215095941.jpg

  1. 2005/02/15(火) 14:05:59|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ワイキキのホテル、アストン・ワイキキビーチ

 今日日曜日はすっかり晴れわたっているワイキキ。
絶好のゴルフによりだけど、肩が痛い。この調子でゴルフをやってもスコアが悪くなって面白くないので、今日は止めとこーっと。

 こんな時はぶらっとドライブにでる。ワイキキは今一年で一番混んでいる時期。プロボールがあるからね。
街中そのプロボールの話題で盛り上がってる。その様子はプーコちゃんの一昨日の記事を参照してください。プーコちゃん宜しく(笑)!

 てな訳でワイキキのホテルはいっぱい。今日紹介するのはワイキキの東の方、ダイアモンドヘッドよりの「アストン・ワイキキビーチ」、パック・ビーチ、マリオットの更にダイアモンドヘッドより。
このホテルも近年改装を終えたばかり。

 室内は南国情緒豊かな装飾で、独特な雰囲気を醸し出している。ホテルのクラスはファーストクラス。海はまん前で、オーシャンフロントのカテゴリーを選べば、ワイキキの海を一望に見渡せる。ワイキキ動物園、水族館も近い。値段的には丁度中くらいかな。
朝食つきのパッケージが有って、プールデッキでアメリカン・ブレックファーストをテイクアウト出来るようになっている。その時もらえるコンテナーがなかなか可愛いよ!
1970年代に「ホリデー・イン」として建てられ、その後日本の「オオタカ・インク」が買収。現在は更にそれをアメリカの会社が買収している。
20050214045322.jpg

  1. 2005/02/14(月) 09:19:29|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

裸のダイアモンドヘッド

ダイアモンドヘッドって、何時もホテルとかビーチとか一緒に写ってる。
でも今日健太が撮ったダイアモンドヘッドは何もなく、カピオラニ公園のフィールドがあるのみ。
なんだか裸のダイアモンドヘッドみたいで、照れくさい。
健太が照れてどうするんだって声も有るけど、事実なんだか恥ずかしい感じ。

景色って、きっと自然だけじゃその美しさは100%表現できないんだろう。人間が作った建物とかいわゆる人工のものと一緒に写って始めて自然の美しさが強調されるに違いない。

今日は天気予報が外れて、ハワイ晴れ!嬉しい誤算です。


20050213013807.jpg

  1. 2005/02/13(日) 05:42:03|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ワイキキのホテルは、何処が良いのか?

 ハワイに来た事のある人は、それぞれ泊まったホテルに思い出があると思う。遠くにいて思い出すそれはまた格別で、はっきりとした自分の中のノスタルジーとして膨らんでいる。
丁度健太が日本に営業や遊びで行った時に泊まった、日本のホテルを懐かしむようなもの。

 日本のホテルで印象深いホテルは「名古屋マリオット・アソシア」「白金都ホテル」。もちろん仕事柄日本でもそのほか沢山素晴らしいホテルに泊まった経験はあるけど、なぜかその二つは、日本のホテルを思い出すと必ず浮かんでくる。

 名古屋のマリオットは超近代ホテル。立地条件やそのサービースもさる事ながら、そのファシリテイーは超一流。リラックスした滞在を何時でも約束してくれる。
「白金都ホテル」は大人の香りのする落ち着いたホテル。そのラウンジで演奏されるジャズ、行き届いたサービスが更にその雰囲気を盛りたててくれる。

 じゃハワイではどのホテルが良いのか?
勿論健太のホテルが一番!って言いたいけど、、、
ほら、そういわれちゃうと困るよね実は。だってお客さんでハワイのホテルに滞在したことがないんだから。
つまりそれを述べるとしたら、あくまでも想像でしかないってわけさ。
ただアメリカ人がよく言う言葉に「What you paid, what you get!」。払った値段以上の物でもなければ、以下の物でもない。きっとこれは正しいね。

 でもこの「ワイキキビーチ・マリオット(元・ハワイアンリージェント)」、この前見せてもらっったけど、改装も終わってかなり内容は良くなったね!

20050211100336.jpg

  1. 2005/02/11(金) 14:28:11|
  2. ワイキキ|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ダイアモンドヘッド、大好き!

 ハワイの景色で一番ポピュラーなのがこの景色。
本当はもっとホテルが写ってる写真が多いけど、それじゃ何の変化がないんで、一寸ずらして撮ってみました。

やっぱり健太はダイアモンドヘッド大好き人間。
この景色があるからハワイが好きって言えるかも、、、。

 実は健太が始めてハワイに来たときには、ワイキキにホテルはこんなになかったんだ。昨日「健太のワイキキだ、よおっかさん!」の方で載せたPacific beach Hotelすら無かったんだ。
丁度、フォスタータワーが建ちかけで止まっていた。近所の住民から高層ビルを建てることに猛反対を食らってたのさ。
しかし、一つ建ってしまったら、後は堰を切ったように次々と建ってしまった。

20050210093302.jpg

  1. 2005/02/10(木) 13:36:36|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コオラウ山脈

 健太のコンドのパ-キングから見る山の景色。
何故かこの景色を見るとほっとする。良くこの位置から虹が見えて、Mautain View としてはかなりのもの。
あの山をコオラウ山脈と言う。
ハワイ大学の右手からハイキングコースがあって、あの山に登ることも出来るけど、健太は大概途中でやめちゃう。
いくらそんなに高くない山といっても、なめて掛かってはいけない。遭難する事だってあるんだ。
 しかしあの山の上のほうから見るワイキキの景色は最高だね!
汗をかいてたどり着く山の中腹では、下のほうから吹き上げてくる風がすっごく気持ち良い。

 20050209104247.jpg

  1. 2005/02/09(水) 14:56:39|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ワイキキが見えるプレー・グラウンド

 ハワイには沢山の公園がある。
ここホノルルにも、プレーグランド付きの大きな奴もあって、ローカルの連中はこうした施設を存分に活用している。
ソフトボールなんかで使いたい時は事前に市の方に申し込んでおけば良い。勿論無料。ナイターも出来るんだ。
 このカイムキ12番街のこのプレーグランドはごらんのように景色も良いので人気が高い。
遠くにはワイキキのホテル群、そしてワイキキの沖がみえる。
健太のホテルも、、、見える見える(笑)!
本当に僕らは恵まれた環境で生活しているって、こういう景色を見るたびに思うね。
給料は安いけど、仕方ない。ま、環境に金を払ってると思うしかないね(笑)!

20050208101227.jpg

  1. 2005/02/08(火) 14:25:11|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ハワイでの夢

 健太がハワイに来てもう何年経っただろう。あんまり長いんで忘れちゃった(笑)。
メンバー4人のミュージシャンとして来たんだけど、初めは見るもの聞くもの丸で別世界。最初の契約半年なんてあって言うまに過ぎちゃった。当時、健太たちの出演したショウーはこのホノルルで大反響を呼んだんだ。連日超満員。「ジャパンボーイ、ジャパンボーイ」ってすごく可愛がられたっけ。だって日本からの日本人なんてこの島には数えるほどしかいなかったんだ。それとヒット曲もあったからね。こっちの人たちも健太たちの事知っててくれたんだ。

その時健太たちバンドメンバーは皆で誓った。「いつか、このハワイに豪邸を建てよう!」
あれからウン十年。健太はその夢は実現できていない。
でもまだ諦めてないよ、きっとそのうちやってやる。ひつっこい健太です、、、(笑)!
写真はソニーオープンで有名なワイアラエ・カントリークラブ、18番ホール(ソニー・オープンの時は9番ホールです)の脇に立っている豪邸。20050207082722.jpg

<>
  1. 2005/02/07(月) 10:12:51|
  2. ローカル情報|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。