健太のワイキキだよ、おっかさん!Part II

ワイキキのホテルマンによる、ハワイ情報!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最初に習ったのは、社員の首の切り方!

 健太のなんちゃって、サクセス・ストーリー Vol. 36

 ホテルで働いて気がついたことは、アメリカ本土から来る人たちはハワイのことを
「とても遠くて、東洋に限りなく近い島」
「一生に一度でもいいから行って見たい、地上の楽園」
と思っている事。だから健太の英語が多少おかしくても「外国に近い場所」なので、別に問題はなかったのさ。ちゃんと向こうで理解しようと努力してくれる。
ましてや、アメリカ以外の国から来る人たちは「国際英語」を喋って来る。
つまり面倒な文法とかを気にしない、完全なブロークン・イングリッシュ。言葉は、自分の意思を相手に伝える手段としか考えていないんだ。

 それからと言うもの、健太のブロークン・イングリッシュに更に磨きが掛かった(笑)!
あれほど怖かった電話の受け答えが毎日楽しくてしょうがない。「今日はこんな熟語を使ってやれ」とか、「こんな単語を使ってやれ」とか、仕事場がまるで実験場。だから今考えると、お客さんの中にはかなり迷惑をしていた人もいたかもしれない(笑)!
でも健太のもとには、帰った宿泊客から沢山の礼状が届いた。喜んでくれた人も沢山いたってことさ!
コンシェルジェの仕事が暇な時は、どんどん自分から目の前にあるフロント・デスクの仕事も手伝ったので、ついでにフロントの仕事まで覚えちゃった。抜け目のない健太でした(笑)!

 楽しいコンシェルジェ・マネージャーも一年で移動を余儀なくされた。
ホテル直営のレストラン・マネージャーがいなくなったので、レストラン経営の経験の有る健太にお鉢が回ってきた。これは大きな出世。
コンシェルジェには健太の休みの日をカバーするアシスタントが2名いた。つまり部下は2人だけ。
そこに行くとレストランには、キッチンに15,6名、表にはウェイトレス、ウェイター、キャッシャー、アシスタント・マネージャーを含んで20人はいた。総勢30名以上の職場のマネージメントをする。
そして更に仕入れや、売り上げ、プロモーションなど全ての責任が掛かってくる

 レストランのマネージャーになるに当たって、健太は「とんでもないセミナー」に強制的に行かされた。セミナーのタイトルは、
「従業員の扱い方」と有るが内容は仰天!

「どうやって従業員を首にするか!」
<なんてこった!!>

 この頃既にコンセルジェで仕事をしながら、ローカル日本語放送でDJを始めていた。日曜日の8PMから夜中12時までの4時間。
カイムキのスタジオやワイキキのサテライトから「健太の、なんちゃってDJ」の始まり始まり!
イヤーこいつがまた楽しいの何の!なんとこいつが5年も続いたんだ。
健太のメインは「健太の、ホノルル・友達の輪」。
これには健太のいろんな友達に毎回出演してもらった。
その頃健太も既にハワイ在住20年、友達も沢山出来ていた。

 写真は仕事帰りの健太、Pホテルで。

 Part I、今日はヨットがいっぱい出ていた!

Hotel.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/07/12(火) 15:14:49|
  2. ハワイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11
<<レストランの成績を、20%上げましょう! | ホーム | ホテルに入っても英語の分らない健太!>>

コメント

健太さんのDJ番組聴いて
みたかったです。
たぶんハイテンション
な、番組だったのでは?
構成なども健太さんが考えて
やっていたのですか?

たくさんの友人に囲まれるって
いいもんですよね!
  1. 2005/07/12(火) 11:56:23 |
  2. URL |
  3. マサ #-
  4. [ 編集]

マサさん

こっちの放送は全部自分でやります。構成から何からなにまで。
一人でコマーシャル入れて、一人でCDまわして、一人で時報を入れて、、、。大変ですが面白かったです。
いろんな人から局に電話が入って、それにも答えながらやります。
日本から誰か友達が来るとその人にも出てもらいました(笑)!
今まだやってたら、多分マサさんにも出てもらってましたよ(笑)!
  1. 2005/07/12(火) 12:02:45 |
  2. URL |
  3. 健太 #-
  4. [ 編集]

健太さん
全て一人で決めて出来るのですね。
それは、面白そう!!

良く映画でラジオブースが
写る様なシーンがありますね。
あのような感じだったのですか?

  1. 2005/07/12(火) 13:46:12 |
  2. URL |
  3. Osamu #-
  4. [ 編集]

ブロークン・イングリッシュにはお世話に
なってます・・汗”

健太さん、日本へ放送の走りですね!
きっと、今放送しているDJが当時の
テープなどあったら良いサンプルに
なっちゃいますね・・笑!!
  1. 2005/07/12(火) 13:56:43 |
  2. URL |
  3. 秀蔵 #-
  4. [ 編集]

OSAMUさん

そうそうあんな感じです!
デモで出しの頃はまだレコードだったので、回転を間違えて掛けたり、「ガリガリ!」なんて針の引っかかる音が出ちゃったり(笑)!

秀蔵さん

「ブロークンイングリッシュ」ほど強い物はありません!相手は必ず、理解しようと努力してくれます(笑)!
多分健太たちのやってたのが、今のスタイルの走りだったんでしょうね!
  1. 2005/07/12(火) 14:17:21 |
  2. URL |
  3. 健太 #-
  4. [ 編集]

雰囲気が良いブログですねぇ。
私のとはなんだか大違いです。
参考にさせてもらいますっ*'')ノ
  1. 2005/07/12(火) 14:31:22 |
  2. URL |
  3. まなみ #-
  4. [ 編集]

ブログの輪を広げましょう!
  1. 2005/07/12(火) 16:42:08 |
  2. URL |
  3. ▼o・_・o▼ #-
  4. [ 編集]

凄いですね~全部一人でやっちゃうなんて!!

聞いている人からしたらハチャメチャな放送で楽しそうですね♪
でも前例が殆どない中でやっていたからこそ、出来たのかもしれませんね~。
今だったら、マニュアルやスポンサーなどに縛られて面白く出来ないかも知れないですもんね(笑)

僕はブロークンイングリシュまでも行かない英語力で、おまけに身ぶり手ぶり入りです(笑)それでも話すのは楽しいです(曝)
  1. 2005/07/12(火) 18:41:40 |
  2. URL |
  3. たっち #-
  4. [ 編集]

たっちさん

確かにあの頃だから出来たのかもしれません。
いやハワイだから出来たんでしょうね(笑)!

言葉はあくまでも意思の伝達手段。相手側に伝われば身振り手振りで充分だと思います。
それと、その身振り手振りを一寸面白くやれば、アメリカ人は大喜びだと思います(笑)!
  1. 2005/07/12(火) 22:30:01 |
  2. URL |
  3. 健太 #-
  4. [ 編集]

▼o・_・o▼さん

宜しくお願いします!

まなみさん

風邪を引かないようになさってください(笑)!
  1. 2005/07/13(水) 11:56:13 |
  2. URL |
  3. 健太 #-
  4. [ 編集]

勉強になります♪

コンシェルジェ、ワイキキでGOOGLEしたら、健太さんのブログPart2をヒットしました。

内容、とっても勉強になります♪ 私も電話が大嫌いでした。今でもまだ苦手意識が強くだめなんですが、なんとなくフロントやコンシェルジェをやり始めてから、慣れてきました♪

私はマネージャーとかになる気持ちはあんまりないんですが、将来はセールスのアシスタントなどをやりたいな、と思っています。 
がんばりまーす★
  1. 2007/02/16(金) 10:52:48 |
  2. URL |
  3. プーコ #vio.FZxg
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonma7.blog2.fc2.com/tb.php/121-eea75c26
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。