FC2ブログ

健太のワイキキだよ、おっかさん!Part II

ワイキキのホテルマンによる、ハワイ情報!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ホノルル空港で千切れんばかりに手を振った!

これまでのあらすじ。
 ムービースターを夢見た健太は、「寅さん」のいる松竹映画に俳優の卵として入社。しかし、芽の出ないまま時は過ぎて行った。そこで折からのブームを背景に、撮影所内でバンドを結成。幸運にもレコード会社から声が掛かる。更に、ミュージシャンとしてのデビュー曲が大ヒット。
ヒットは願っていたものの、TV 、ラジオ、営業と生活環境の急激な変化にメンバーが空中分解寸前。おりしもハワイのクラブ出演の話が舞い込む。
全てを捨ててハワイへ渡る4人のメンバー。
そこには想像もしなかった、数々のドラマが4人を待ち受けていた。

 初めはがら空きだったナイト・クラブも、健太たちのローカルTV出演を期に大盛況となる。そんな折メンバーのクリが発熱、そして幽霊を見る。続いてベースの秋までが発熱。ステージの合間にアキを見舞いに行ったメンバーが見たものは、アキを襲う幽霊の姿!
クラブの盛況はそのまま健太たちをホスト状態にする。次々に女難に会うメンバーたち。
と言って浮かれてばかりはいられなかった。ベトナム戦争は泥沼化し、その召集の手が永住権保持者さらには外国人就労者にまで伸び始めたとの情報が入る。
しかし幸いにも4人の心配をよそに、召集令状はメンバーの誰にも届かなかった。
もう帰国の日は目前に迫っていた。

 健太のなんちゃって、サクセスストーリー Vol. 14

 いよいよハワイに別れを告げる時が来た。
たとえたったの4ヵ月でも、初めての海外生活、ホームシックがなかった訳ではない。
特にジミーの「約束が反故にされた」と言う思いの強いメンバー全員、
「ハワイなんかにもう二度とは来るもんか!」
と口々に言ってはばからなかった。
ただ心残りは夫々のガールフレンドの事。
特にスギの落ち込みようは激しかった。なんと言っても彼女は高校生、今後彼女との間をどうしようなどと具体的な考えなどありゃしない。あったとしても実現不可能。それほど当時は日本とハワイの距離は遠かったんだ。

 帰国の朝、それまでの長雨が嘘のような素晴らしいハワイ晴れになった。
空港では一般客が一体何事が起きたのかとばかり、ファンの群れと健太たちを見た。
ガールフレンドたちはしっかりとメンバーの手を握って離そうとしない。
K子もこの時はつとめて明るい表情を見せようと、必死になっていた。
ミミはやっぱり空港には来なかった。
<ミヤナミダ、ミミ、、、、(ごめんなさい、ミミ)!>
タラップを上りきって飛行機のドアの前に立った健太は、遠いワイキキ方向の空を見ながら心でそう叫んだ。
そして全員千切れんばかりに、何時までもいつまでも手を振った。
係員が申し訳なさそうに「ドアを閉めます、、、、」と言った。

 機内では暫く全員放心状態。誰も口を開こうとしなかった。
ひとしきり休んだ後、健太には残っている大きな仕事を済ませればならなかった。
機内はがらがら。
健太はスギを機内の隅に呼んだ。
実はスギだけは松竹にいた時から、既にTVドラマの「青春もの」の高校生役でレギュラー出演していて、かなりの人気が有った。
スギが電車に乗ると女子高生がキャーキャー言って寄ってきたり、健太たちがファンレターの整理をやったり、かなりのものだった。
そのスギが帰国後、またTVドラマ出演を再会すると言う。
しかし残りの3人は、ハワイでの成果を足場にまた日本に帰ってこのバンドを、このメンバーで再出発させたいと思っていたのだ。

 健太はしっかりスギを見つめて言った。
「どうだ、スギ。日本に帰ってからもう一度このメンバーでやってみないか!」
その時のスギの複雑な表情が、健太は今でも忘れられない。

 写真は、思い出を胸に千切れんばかりに手を振るメンバーたち。

 Part I も見てね!今日はホノルルのお巡りさんの話!

20050619045447.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/06/19(日) 09:07:52|
  2. ハワイ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<ハワイから帰国、復帰第一作決定 | ホーム | 帰国が迫ってきた!>>

コメント

いいお写真ですね~。
まるでビートルズが東京を去ったあの日のシーンそのもの!!
『Kenta’sたくさんのファンに惜しまれながら日本へ帰国』の見出しが新聞を飾ったことでしょう。

それにしても、彼女と離れるのはさぞかしつらかったのでしょうねぇ...。
あの頃の国際電話の料金は、それはそれは高かった...と聞いています。
それもレートは$1=360円!
今の長距離恋愛がいかにめぐまれているか...再認識いたしました。
  1. 2005/06/19(日) 07:34:34 |
  2. URL |
  3. ムームー #-
  4. [ 編集]

ムームーさん

この写真は望遠でファンの方が撮ってくれたもので、2回目にハワイに来た時に頂きました。すごく気に入った写真の一枚です。
当時国際電話はあっという間に$100を超えた記憶があります。
しかも、レートは$1=360円!
長距離恋愛などとても長続きしませんでした、、、(涙)。
  1. 2005/06/19(日) 13:46:57 |
  2. URL |
  3. 健太 #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/06/01(月) 11:32:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonma7.blog2.fc2.com/tb.php/99-06e6d9b4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。